Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース

VMwareは、「VMware vCenter Server」「VMware vSphere ESXi」において明らかになった複数の脆弱性を修正するセキュリティアップデートをリリースした。

「VMware vCenter Server」では、情報漏洩の脆弱性3件が判明。「CVE-2019-5532」「CVE-2019-5534」は、資格情報やログイン情報が漏洩するもので、重要度は「重要(Important)」。共通脆弱性評価システムであるCVSSのスコアは、いずれも「7.7」とレーティングされている。

「CVE-2019-5531」は、セッションの有効期限に起因する情報漏洩の脆弱性で、CVSSスコアは「4.2」。重要度は1段階低い「中(Moderate)」だった。

一方、「VMware vSphere ESXi」では、上記の「CVE-2019-5531」にくわえ、「busybox」におけるコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2017-16544」の2件が含まれる。いずれも脆弱性の重要度は「中(Moderate)」だが、後者についてはCVSSのスコアが「6.7」だった。

同社は、両製品に対してこれら脆弱性を修正したアップデートを用意。利用者に対してアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性