Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と

「LINE」を装うフィッシング攻撃が増加しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。検知の回避を狙ったと見られる細工も確認されている。

「Amazon」「Apple」「LINE」など、大手ブランドを狙ったフィッシング攻撃は、毎月多数報告されているが、「LINE」に関する報告の増加が目立っているという。

複数の件名や文面を用いて攻撃が展開されている。「LINE緊急問題」「LINEログインネット異常」「LINE 接続できないLINE解決方法」など、少なくとも8種類の件名が確認されている。

メールの本文も複数確認されており、「LINEアカウントに異常ログインされた」などとして不安を煽り、「安全認証」などとして偽サイトへ誘導していた。

(Security NEXT - 2019/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「りそな銀行」かたるフィッシング攻撃の報告が増加
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
「東京ガス」装うフィッシング - 「対応しないと供給停止」と不安煽る
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
「電気料金未払い」と不安煽りクレカ情報だまし取るフィッシング
フィッシング攻撃で日本赤十字社のメアドになりすまし
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意