Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と

「LINE」を装うフィッシング攻撃が増加しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。検知の回避を狙ったと見られる細工も確認されている。

「Amazon」「Apple」「LINE」など、大手ブランドを狙ったフィッシング攻撃は、毎月多数報告されているが、「LINE」に関する報告の増加が目立っているという。

複数の件名や文面を用いて攻撃が展開されている。「LINE緊急問題」「LINEログインネット異常」「LINE 接続できないLINE解決方法」など、少なくとも8種類の件名が確認されている。

メールの本文も複数確認されており、「LINEアカウントに異常ログインされた」などとして不安を煽り、「安全認証」などとして偽サイトへ誘導していた。

(Security NEXT - 2019/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「フィッシング対策協議会」を装うフィッシング攻撃に注意
米政府、北朝鮮関連グループの攻撃に注意喚起 - 標的は暗号通貨やNFT関連
「NHK」のフィッシング - 「ネット登録必要」とだます手口
「ZOZOTOWN」装いクレカ情報だまし取るフィッシング
「mixi」をかたるフィッシング - 「アカウントの使用を制限」とだます
感染増加に便乗? 「偽コロナワクチンナビ」が再来
au装うフィッシング - 誘導に「Google翻訳」を悪用するケースも
「FamiPay」装うフィッシングメール - 「緊急連絡」「本人確認」など件名さまざま
「出前館」のフィッシング攻撃に注意 - 「自動退会処理」と不安煽る手口
「Suicaのオートチャージが無効」と不安煽るフィッシング