Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と

「LINE」を装うフィッシング攻撃が増加しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。検知の回避を狙ったと見られる細工も確認されている。

「Amazon」「Apple」「LINE」など、大手ブランドを狙ったフィッシング攻撃は、毎月多数報告されているが、「LINE」に関する報告の増加が目立っているという。

複数の件名や文面を用いて攻撃が展開されている。「LINE緊急問題」「LINEログインネット異常」「LINE 接続できないLINE解決方法」など、少なくとも8種類の件名が確認されている。

メールの本文も複数確認されており、「LINEアカウントに異常ログインされた」などとして不安を煽り、「安全認証」などとして偽サイトへ誘導していた。

(Security NEXT - 2019/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を