Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市

大阪市は、登録調査員の個人情報が記載された研修参加者名簿を紛失したことを明らかにした。

同市によれば、8月21日に開催した登録調査員の研修において、職員が研修会場に予備用として持参していた参加者名簿を紛失したもの。

研修参加者200人の氏名や居住市町村、年齢、性別、調査員としての経験年数、統計調査に従事した回数などが記載されていた。そのほか、10人の氏名も含まれる。

職員が名簿を会場内のテーブルに置き忘れた。研修参加者が誤って持ち帰った可能性があるが、参加者から誤って持ち帰ったとの連絡はないという。

同市では、対象となる調査員に対し、謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2019/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市