Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県

愛媛県立南宇和病院の職員が、患者や職員の個人情報が保存されたUSBメモリを紛失したことがわかった。

同県によれば、7月22日に個人情報含む私物のUSBメモリを院内で紛失したもの。

問題のUSBメモリには、透析患者142人の氏名や病名、透析に関する情報のほか、入院患者110人の氏名や口腔ケアの実施記録、嚥下機能の重症度、転院先などの情報が保存されていた。また職員22人の氏名や電話番号なども含まれる。

紛失当日、同職員は会議へ出席した際にUSBメモリを白衣のポケットに入れたが、その後の所在がわからない状態だという。

同職員は、同日トイレへ行った際、同じポケットに入れていた印鑑のフタを落としており、その後紛失が明らかになっていることから、院内にくわえ、浄化槽についても複数回探索を行ったが発見できなかった。

同院では、警察へ紛失を届けるとともに、対象となる患者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント参加者情報含む名簿を一時紛失 - トヨタツーリスト
コロナ発生届が強風で窓から屋外に飛散 - 船橋市保健所
公文書の紛失や手続不備が判明 - 和歌山県
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査
7月の個人情報関連の事務処理ミス44件を公表 - 横浜市
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
水道利用者の個人情報含む図面が所在不明 - 岡山市水道局
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
乳児家庭訪問事業で調査票14人分が所在不明 - 西宮市
子会社で患者リストをファイルケースごと紛失 - フクダ電子