Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市

大阪市水道局は、配水管工事の業務委託先が、個人情報など含む工事図面を路上に放置し、一時紛失していたことを明らかにした。

同市によれば、業務委託先が8月8日に作業を行った際、現場の道路上に工事図面を置き忘れたもの。翌9日に住民から連絡があり問題が判明し、回収した。

一時紛失したのは、現場で使用する工事用の図面。個人情報52件が記載されていた。名字や水栓番号、給水管の菅口径や材質などが含まれる。また法人名や水栓番号などの法人情報5件も記載されていた。

今回の問題を受け、同市では対象となる関係者に謝罪の書面を配布した。

(Security NEXT - 2019/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
要援護者登録者名簿2件が所在不明に、引継過程で - 熊本市
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
妊婦健康診査受診票が所在不明 - 大阪市
中学教諭が答案用紙を電車内に置き忘れて紛失 - 仙台市