Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セシール通販サイトにPWリスト攻撃 - 試行22回を検知

ディノス・セシールは、同社の通販サイト「セシールオンラインショップ」がパスワードリスト攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によれば、7月28日に2回にわたって、国内のIPアドレスより、本来の利用者とは異なる第三者が不正にログインを試みる「パスワードリスト攻撃」を受けたもの。

今回の攻撃では、22回のログイン試行を確認。1件のアカウントでログインを許したという。氏名や生年月日、性別、メールアドレス、保有ポイント、会員ランク、確認メールの送付先などが閲覧された可能性がある。

同社は、今回の攻撃で用いられたIDやパスワードは同社以外で入手されたもので、同社経由の情報流出については否定している。

同社では、不正ログインの被害に遭ったアカウントに対し、ログインできないよう制限。関連する顧客へ連絡を取っている。また攻撃元IPアドレスからのアクセスを遮断した。

同社では、これまでも不正ログイン対策を利用者に呼びかけているが、アカウント管理について引き続き注意を呼びかけていく。

(Security NEXT - 2019/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英語検定試験「TOEIC」の申込サイトに大量のログイン試行
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
止まぬPWリスト攻撃 - 他所情報流出の影響で増加傾向も
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
ふるさと納税支援サイトにPWリスト攻撃 - 2000以上のIPアドレスから
「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化