Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSSのバージョン管理サービス構成リポジトリ「Central Dogma」にXSSの脆弱性

LINEが提供するオープンソースのバージョン管理サービス構成リポジトリ「Central Dogma」に脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品で使用するサイトにアクセスしたユーザーのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行されるおそれがあるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2019-6002」が明らかとなったもの。

同脆弱性は、LINEが周知のためにJPCERTコーディネーションセンターへ報告。同センターが調整を実施した。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

(Security NEXT - 2019/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
「LibTIFF」に脆弱性、悪用コードが公開済み - パッチの適用を
「Apache MINA SSHD」に脆弱性 - アップデートがリリース
「Movable Type」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
eポートフォリオ「Mahara」に深刻な脆弱性 - アップデートの適用を
ビデオ会議「Zoom」のクライアントやインストーラに脆弱性
「Trend Micro Apex One」に複数脆弱性 - 修正パッチが公開