Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSSのバージョン管理サービス構成リポジトリ「Central Dogma」にXSSの脆弱性

LINEが提供するオープンソースのバージョン管理サービス構成リポジトリ「Central Dogma」に脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品で使用するサイトにアクセスしたユーザーのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行されるおそれがあるクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2019-6002」が明らかとなったもの。

同脆弱性は、LINEが周知のためにJPCERTコーディネーションセンターへ報告。同センターが調整を実施した。脆弱性を修正したアップデートが提供されている。

(Security NEXT - 2019/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性