Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブアプリ脆弱性検査ツールに上位版 - 「ブラインドSQLi」や「XXE」に対応

ビットフォレストは、クラウド型ウェブアプリ脆弱性検査ツール「VAddy」において、検査機能および組織管理機能を強化した「同Enterpriseプラン」を10月1日より提供する。

同ツールは、ウェブアプリケーションの脆弱性検査ツール。テスト環境のウェブサーバへHTTPリクエストを実際に送信。レスポンスデータを検証して脆弱性の有無を判断する。

今回あらたに追加した「Enterpriseプラン」は、従来より提供してきた「Starterプラン」「Professionalプラン」の上位版。

検査内容を拡充し、従来の検査項目にくわえ、「ブラインドSQLインジェクション」「安全でないデシリアライゼーション」「XML外部実体参照(XXE)」「HTTPヘッダインジェクション」といった脆弱性の検査に対応した。

また従来備えているチーム管理機能とは別に、管理者が利用者のアカウントを作成、変更、削除できる組織管理機能を追加している。

(Security NEXT - 2019/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード