Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務外で個人情報を保有、市職員を処分 - 阿波市

徳島県阿波市は、住民の個人情報を業務用のパソコンに無許可で保有していた職員に対し、懲戒処分を行った。

同市によれば、同職員は業務で使用するパソコンに、無許可の外部記録媒体を接続。業務において使用が認められていない個人情報503件を保有していた。

同市では、職務上の義務違反にあたるとして、同職員に対し6月25日付で停職3カ月の懲戒処分を実施した。

(Security NEXT - 2019/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住民関連の情報をLINEグループに投稿、職員を懲戒処分 - 湖南市
他職員に対して窃盗や不正アクセスした職員を懲戒免職 - 岐阜県
人事情報の不正閲覧で職員2人を処分、以前から漏洩のうわさ - 筑前町
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市
神戸市、個人情報の不正操作で職員処分 - 保険料増額の通知から発覚
子会社従業員が有効期限間近のデジタルギフトを不正入手 - デジタルプラス
USB紛失で町長ら減給、不正利用判明すれば再度処分を検討 - 佐久穂町
メール覗き見職員を処分、PWなど推測して不正アクセス - 宇陀市
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局