Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イオンクレカ会員向けサービスに不正ログイン - PW攻撃で

イオンクレジットカードの会員向けウェブサービス「イオンスクエアメンバー」において、本来の利用者とは異なる「なりすまし」による不正なログインが行われたことがわかった。

イオンドットコムによれば、5月28日から6月1日までの期間と6月22日に、第三者が利用者本人になりすましてログインする不正アクセスが同サービスに対して行われたという。

今回の不正アクセスでは、最初の期間に323件、6月22日に78件のあわせて401件のアカウントが不正ログインを許した。

最初の期間に行われたアクセスのうち、10件のアカウントで氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、「WAON POINT」の保有ポイント数などが第三者に取得された可能性がある。

(Security NEXT - 2019/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
川崎市で野球場予約に大量の申込 - 同一IPアドレスから1日に約2万件
「mijicaカード」不正送金、被害者のいずれも不正ログイン被害か
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済