Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イオンクレカ会員向けサービスに不正ログイン - PW攻撃で

イオンクレジットカードの会員向けウェブサービス「イオンスクエアメンバー」において、本来の利用者とは異なる「なりすまし」による不正なログインが行われたことがわかった。

イオンドットコムによれば、5月28日から6月1日までの期間と6月22日に、第三者が利用者本人になりすましてログインする不正アクセスが同サービスに対して行われたという。

今回の不正アクセスでは、最初の期間に323件、6月22日に78件のあわせて401件のアカウントが不正ログインを許した。

最初の期間に行われたアクセスのうち、10件のアカウントで氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、「WAON POINT」の保有ポイント数などが第三者に取得された可能性がある。

(Security NEXT - 2019/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「mixi」にPWリスト攻撃 - 2月から3月にかけて発生
求人掲載企業の管理ページに不正アクセス - 求人情報サイト
ケーズデンキ通販サイトに不正ログイン - 約300万円の不正注文
統合DBシステムで不正ログイン被害、改ざんも - 上智大
ネット取引サービスに不正ログイン、株式不正売却も - SMBC日興証券
「エン転職」にパスワードリスト攻撃 - 約25万人がアクセス許す
業務用スマホでフィッシング被害 - 歯科用機器メーカー
英語検定試験「TOEIC」の申込サイトに大量のログイン試行
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大