Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー

GMOペパボは、ドメイン取得サービス「ムームードメインbyGMOペパボ」に、ドメイン名の移管や設定変更に認証機能を追加する「ドメインロック」をオプションサービスとして提供開始した。

同サービスは、ムームードメインで管理されているドメインを対象に、各種設定の変更や書き換えなどの操作制限が設定できる有料オプション。

ドメインの移管などを行う「管理事業者情報管理」にくわえ、Whois情報、ネームサーバの設定変更や編集、ドメインの自動更新設定について制限できる。操作制限の設定と解除は、ドメイン登録者宛てに送信される認証メールを承認が必要。

料金は、1ドメインあたり年額1296円。

(Security NEXT - 2019/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「dアカウント」の奪取狙う「偽NTTドコモ」のフィッシング攻撃に注意
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
都食品安全啓発チラシの二次元コード、不正サイト誘導のおそれ
2回目の「特別定額給付金」で誘導するフィッシングに注意
メルアカ2件に不正アクセス、スパムの踏み台に - 徳洲会関連病院
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す