Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー

GMOペパボは、ドメイン取得サービス「ムームードメインbyGMOペパボ」に、ドメイン名の移管や設定変更に認証機能を追加する「ドメインロック」をオプションサービスとして提供開始した。

同サービスは、ムームードメインで管理されているドメインを対象に、各種設定の変更や書き換えなどの操作制限が設定できる有料オプション。

ドメインの移管などを行う「管理事業者情報管理」にくわえ、Whois情報、ネームサーバの設定変更や編集、ドメインの自動更新設定について制限できる。操作制限の設定と解除は、ドメイン登録者宛てに送信される認証メールを承認が必要。

料金は、1ドメインあたり年額1296円。

(Security NEXT - 2019/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新