Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングで仮想通貨約29億円を窃盗 - 欧州で6人が逮捕

約2400万ユーロの仮想通貨(暗号資産)「Bitcoin」を盗んだ疑いで、イギリスやオランダで6人の容疑者が逮捕された。

欧州刑事警察機構(ユーロポール)、オランダ警察、イギリス国家犯罪対策庁などが協力し、捜査にあたっていたもので、仮想通貨「Bitcoin」を盗み出した容疑で6月25日にイギリスとオランダで容疑者6人を逮捕した。

少なくとも12カ国で4000人が被害に遭ったと見られており、被害額は約2400万ユーロ、日本円にして約29億円にのぼると見られている。

容疑者らは、著名な仮想通貨取引所と類似したURLを持つフィッシングサイトを作成。ログイン情報を詐取し、ウォレットにアクセスして仮想通貨を盗んでいたという。

(Security NEXT - 2019/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を