Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OneDrive」上の共有ファイルを悪用したフィッシング - 正規URLで誘導

メールでクラウドストレージ上のファイルへ誘導し、メールのアカウント情報を詐取するフィッシング攻撃が報告された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

メールの保存領域が不足しており、「更新」や「再アクティブ化」が必要などとして、フィッシングサイトへ誘導するもの。対応しないとメールを送受信できなくなったり、アカウントが閉鎖されるなどとして不安を煽っていた。

今回の攻撃では、誘導先のフォームがマイクロソフトのクラウドストレージサービス「OneDrive」上にExcelで作成されており、正規URLで誘導。アクセスしたユーザーが正規のサイトと信じてしまったり、フィルタリング製品などが回避されるおそれもある。

フィッシング対策協議会では、「OneDrive」を悪用し、認証情報の詐取を試みる攻撃について多数報告を受けていると指摘。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る