Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正

Mozilla Foundationは、脆弱性に対処したセキュリティアップデート「Firefox 67.0.4」をリリースした。前回更新よりわずか2日であらたなアップデートの公開となった。

今回のアップデートは、サンドボックスの回避が可能となる脆弱性「CVE-2019-11708」へ対処したもの。ゼロデイ脆弱性に対処する米時間6月18日に公開された前回アップデートよりわずか2日であらたなアップデートが公開されることとなった。

重要度は、上から2番目にあたる「重要(High)」にとどまるが、ほかの脆弱性を組み合わせて悪用されると、任意のコードを実行されるおそれがある。

開発チームは、脆弱性を修正した「Firefox 67.0.4」および「Firefox ESR 60.7.2」をリリース。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ