Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会

同志社大学法学部および同大大学院法学研究科の卒業生で構成される同志社大学政法会は、同窓会の幹事が卒業生名簿を紛失したことを明らかにした。

同会によれば、同窓会の学年幹事が、準備作業のために同会から貸与された卒業生名簿を紛失したもの。

所在がわからなくなっているのは、1969年の卒業生1020人分の情報が記載された名簿。氏名や旧姓名、住所、電話番号、勤務先、学科、ゼミなどが含まれる。ただし、住所の記載が確認できたのは400人としており、会報誌を毎号送付しているのは127人だという。

5月18日に名簿を貸与したが、作業のために持ち帰ったところ紛失。20日に同会が報告を受けた。同会では、対象となる会員に対し郵送や電話などで連絡を取る。また同大や文部科学省、個人情報保護委員会へ報告を行った。

(Security NEXT - 2019/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市