Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データを利活用する企業は56% - データ利活用で「十分成果得た」3%

56%の企業がデータを利活用している一方、ビジネス上の成果を得られている企業は37%にとどまることがわかった。

ガートナージャパンが、国内企業におけるデータ活用の取組状況について調査したもの。従業員20人以上のITユーザー企業を対象に2018年10月から12月にかけて調査票を郵送。750社が回答した。

データ利活用の状況について、「全社的に利活用している」と答えた企業は20%、また36%は「一部の事業、組織で利活用している」と回答し、あわせて56%の企業が利活用していた。

一方、「現場から要望があるが利活用できていない」が10%、「経営層から要望があるが利活用できていない」が8%、「利活用しておらず、要望もない」が25%だった。

(Security NEXT - 2019/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

対ウクライナDDoS攻撃の余波を観測 - JPCERT/CC
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件
「JVN iPedia」、2021年4Q登録は4676件 - 前期比1.4倍に
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査
悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件