Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府

大阪府立高校において、生徒の写真を掲載したウェブページのURLと閲覧に必要となるパスワードを、教員が誤って第三者へ送信したことがわかった。

同府によれば、5月12日、校外学習の様子を撮影した写真を掲載したウェブページのURLと閲覧のためのパスワードを誤送信したもの。校外学習の運営を担当する生徒1人にSMSで送信する際、送り先の電話番号を誤り、第三者へ送信した。

問題のウェブページには、校外学習で野外炊飯をしている生徒42人の写真76件が掲載されていた。

同月13日、教員が誤送信に気付き、学校へ報告。教頭が誤送信先に電話をして謝罪したうえで、誤送信したメッセージの削除を依頼した。

同校では、ウェブページに写真が掲載されていた生徒に謝罪するとともに、保護者に対し書面の配布や説明会などによる報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

応急手当普及員宛メールで送信ミス - 成田市消防本部
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
保育園でPCR検査同意書を誤ファックス - 生駒市
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
クラブ会員宛メールに他会員の情報 - 浦和レッズ
顧客情報含む資料を誤ってメール送信 - 不動産会社
マスクの価格訂正メールで誤送信 - 白十字
発電所情報約7300件をメールで誤送信 - 九州電力送配電