Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も

政府は、サイバーセキュリティ戦略本部の第22回会合を開き、「サイバーセキュリティ2019」などを決定した。

今回の会合では、政府の年次計画となる「サイバーセキュリティ2019」を決定。2018年度の情勢や各府庁における施策の実施状況を踏まえた上で、2019年度の具体的な施策を取りまとめた。

重要インフラ事業者がセキュリティ対策に取り組む際、参照すべきガイドラインとなる「重要インフラにおける情報セキュリティ確保に係る安全基準等策定指針」の第5版を策定した。

さらに2020年度の概算要求に向けたサイバーセキュリティ関係施策に関する予算重点化の方針や、官民データ活用推進基本計画の変更案作成にあたっての、サイバーセキュリティ戦略本部の意見を決定している。

また、東京オリンピック、パラリンピックに向けたサイバーセキュリティの取り組み状況をはじめ、セキュリティ分野における研究や技術開発の取り組み方針、サイバーセキュリティ月間に実施した普及啓発の実施状況など報告が行われた。

20190523_ni_001.jpg
「サイバーセキュリティ2019」の目次の一部

(Security NEXT - 2019/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
サイバー攻撃被害の情報共有でガイダンス - 政府がパブコメ実施
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
下請へのセキュ要請、問題なし - ただし優越的地位の濫用となるケースも
米政府、DDoS攻撃対策のガイダンスを公開 - 影響を考慮しつつ対策を
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver3.0」の意見募集が開始に
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須