Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市

大阪市は、介護サービスの利用決定に関する個人情報含むメールを、誤って無関係の事業者へ送信したことを明らかにした。

同市によれば、4月26日16時半過ぎに送信した生活支援型食事サービスの利用決定者に関するメールを、誤って本来送信すべき事業者とは異なる事業者へ送信したもの。

誤送信したメールには、サービス利用決定者13人の氏名と介護保険者被保険者番号、サービス内容など含まれる。利用決定者のリストを事業者別に作成した際、誤ったリストを作成したことに気付かず送信してしまったという。

同市では、誤送信先に連絡してメールの削除を依頼。個人情報漏洩の対象者となる利用決定者には、電話で説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - つくば市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
国勢調査の調査員が個人情報含むメモを一時紛失 - 江戸川区
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
運搬中に生活保護関係書類が落下し飛散 - 北海道
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院