Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ

仮想環境の管理プラットフォーム「Cisco Elastic Services Controller(ESC)」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートがリリースされている。

20190510_cs_001.jpg
脆弱性を公表したCisco Systems

同製品において「REST API」のリクエスト処理を有効化している場合に、認証の回避が可能となる脆弱性「CVE-2019-1867」が明らかとなったもの。「同4.4」「同4.3」「同4.2」「同4.1」が影響を受ける。

脆弱性を悪用されると、管理者権限を用いてAPIによる操作が行われるおそれがあるという。重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社では、脆弱性へ対処したアップデートをリリース。利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」