Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市

大阪市立総合医療センターは、患者の個人情報を含むメールを医師が誤って第三者へ送信し、情報が流出したことを明らかにした。

同センターによれば、消化器外科の医師が4月19日23時半ごろ、同僚の医師へ学会の資料を送信しようとした際、誤ったメールアドレスに対して送信したもの。

誤送信したのは、2010年4月から2019年3月までに扱った消化器外科および消化器内科の患者に関する個人情報。氏名や生年月日、年齢、性別のほか、腫瘍部位や治療法、手術日、経過、病理組織結果など49人分が含まれる。誤送信先と連絡を取り、削除を依頼しようとしているが、連絡が取れない状況だという。

同市では、医療機関が個人情報を含むファイルを送信する場合はパスワードを設定して上長の承認を得るなどのルールを定めているが、今回は遵守されていなかった。対象となる患者には、電話による説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/05/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
メール8件を「CC」送信、メアドが流出 - 焼津市
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
案内メール誤送信で会員のメアド流出 - 生活クラブ生協
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
シンポジウム案内メール誤送信、メアド流出 - 会津若松市
メール「CC」送信で会員企業のメアド流出 - いばらき量子線利活用協議会
法人カード利用企業の情報をメールで誤送信 - UPSIDER
メール誤送信で歴史ツアー参加者のメアド流出 - 横須賀市観光協会
廃棄物運搬事業者への事務連絡メールで誤送信 - 横須賀市