Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に

はんだごてメーカーである白光の通信販売サイトが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が外部に流出したことがわかった。

同社によれば、同サイトへ登録した顧客の個人情報が流出したことが判明したもの。顧客情報を含むファイルが不正アクセスにより意図に反して同社ウェブサイト上に作成され、公開されていたという。

3月20日に顧客よりインターネット検索でファイルを見つけたとの連絡が寄せられ、問題が発覚した。

問題のファイルには、氏名や住所、電話番号、生年月日、会社名、メールアドレス、ユーザーIDとパスワードなど9793人分が保存されており、流出したおそれがある。

(Security NEXT - 2019/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
カー用品のネット通販でクレカ情報が流出 - 2019年に判明