Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中学校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 尾道市

広島県尾道市は、中学校において個人情報含む資料が所在不明となっていることを明らかにした。

同市によれば、中学校の教諭が、授業で使用する資料などを綴じたファイル1冊を紛失したもの。ファイルには、3年生2クラス分の提出物点検名簿と、3年生83人の受験校をメモした名簿など、個人情報が含まれていた。

2月20日ごろファイルの紛失に気付き、校内を捜索したが見つからず、3月5日に教頭へ報告した。

同校では、3年生の保護者に対し説明会を行って、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県
スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
学校見学会中止の通知メールを誤送信 - 都立高校
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
法人向け案内メールで、メールアドレスが流出 - すららネット
学費振替情報を無関係79校に誤送信 - かながわ信金
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
小学生から募集した「ぎふエコ宣言」ハガキを紛失 - 岐阜県
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市