Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客向けメールに配信リストを誤って添付 - 日本財託

不動産の売買や仲介を手がける日本財託は、顧客向けに配信したメールに個人情報含む資料を誤って添付して送信したことを明らかにした。

同社によれば、3月4日19時過ぎに送信した物件情報を掲載したメールにおいて、送信ミスが発生したもの。178件の氏名とメールアドレスを含む配信リストを誤って添付したという。

メール配信システムの操作ミスが原因で、同社では受信者に対してメールで謝罪。誤送信したメールと添付ファイルを削除するよう依頼した。また配信リストに記載があった顧客には、電話とメールで個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2019/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人権救済申立の勧告書に実名、マスキング漏れで - 大阪弁護士会
私学調査でメールアドレスリストを誤添付 - 大阪府
新卒採用受験者に個人情報を誤送信、未記入ファイルと取り違え - 毎日放送
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載