Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ジーンズソムリエ」案内メールでメアド3497件が流出 - 誤データで本文扱いに

倉敷ファッションセンターは、「ジーンズソムリエ」に関する案内をメールで送信した際、一部受信者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

ジーンズ選びのアドバイザーである「ジーンズソムリエ」の資格認定試験において、受験料やテキスト価格の改定について案内するメールを3月8日14時半過ぎに送信したが、一部受信者のメールアドレスが流出したという。

4606件の送信先に対してメールを送信するため、分割して保管していたメールアドレスを「BCC」欄にコピー&ペーストしたが、特定の文字がデータ内に混入していたことに気付かず、そのまま送信。

送信先4606件のうち、問題の文字以降に記載された3497件のメールアドレスが正しく処理されず、メールの本文に記載された状態で送信されてしまったという。

同社では、誤送信について謝罪。問題のメールを受信した1109人に対し、削除を依頼した。

(Security NEXT - 2019/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

核物質使用者宛のメールで送信ミス、核防護情報は含まず - 原子力規制委
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF