Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ColdFusion」に深刻な脆弱性、悪用報告も - 早急に対応を

アプリケーションフレームワーク「ColdFusion」に深刻な脆弱性が含まれるとして、Adobe Systemsはアップデートをリリースした。すでに悪用について報告を受けているという。

今回明らかとなった「CVE-2019-7816」は、制限をバイパスしてファイルのアップロードが可能となる脆弱性。任意のコードを実行されるおそれがある。重要度は3段階中もっとも高い「1」とレーティングした。

同社は、前回の「パッチチューズデー」にあたる2月12日にセキュリティアップデートをリリースし、同製品において2件の脆弱性を修正しているが、異なる脆弱性となる。

同社は、脆弱性を修正した「ColdFusion 2018 Update 3」「同2016 Update 10」「同11 Update 18」をリリース。適用優先度は3段階中もっとも高い「1」と指定し、早急に対策を講じるよう利用者へ呼びかけている。

20190304_as_001.jpg
アップデートをリリースしたAdobe Systems

(Security NEXT - 2019/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
会議室用ウェブカメラに脆弱性、詳細も公開 - 米政府は悪用脆弱性リストに追加