Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ

ケーズデンキでパソコン出張サポートを申し込んだ顧客の個人情報が、インターネット上で閲覧可能だったことがわかった。

ケーズホールディングスによれば、ケーズデンキが提供しているパソコン出張サポートの一部申込者の個人情報が、インターネット上で閲覧可能だったことが2018年12月27日に判明したもの。

京都府、大阪府、奈良県でケーズデンキのパソコン出張サポートに申し込み、2018年12月16日から2019年1月21日までの訪問予定だった顧客96人の氏名や市区町村までの住所などが閲覧可能だった。

同社では問題のサイトを閉鎖。対象となる顧客に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

農業委員会の調査フォームに不備、個人情報が流出 - 大阪府
最大888社のPマーク審査関連資料が流出した可能性 - 複数ランサムの痕跡も
転職情報サイトで不具合 - 直近勤務先から登録情報が閲覧可能に
フォーム設定ミス、学園祭イベントの参加者情報が流出 - 東京医科歯科大
地域共生事業の参加申込フォームに不備、個人情報が流出 - 鎌倉市
位置情報共有サービス「NauNau」で情報流出か - 事実関係を調査
中学校連絡網システム上に生徒情報、教員以外からも閲覧可能に - 中之条町
患者情報含むファイルがネット上で閲覧可能に - 日大板橋病院
U-15選抜申込者の個人情報が閲覧可能に、フォーム設定ミスで - INAC神戸
児童の個人情報が閲覧可能に、「Teams」設定ミスで - 宇部市