Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、IE向けに緊急定例外アップデート - ゼロデイ攻撃が発生

マイクロソフトは、「Internet Explorer」においてリモートよりコードの実行が可能となる脆弱性に対し、急遽セキュリティアップデートを実施した。すでにゼロデイ攻撃が確認されているという。

20181220_ms_001.jpg
急遽対処した「CVE-2018-8653」(画像:MS)

スクリプトエンジンにおいてメモリ破壊が生じる脆弱性「CVE-2018-8653」へ対処したもの。

細工されたウェブページを閲覧すると、リモートよりコードが実行されるおそれがある。すでに脆弱性の悪用が確認されているという。

同社では、スクリプトエンジンにおけるオブジェクトの処理方法を変更することで脆弱性へ対処したセキュリティ更新プログラムを急遽リリース。自動更新により適用されるとしている。あわせて問題がある「jscript.dll」へのアクセスを制限し、「IE 11」「同10」「同9」において脆弱性の影響を受けない「Jscript9.dll」のみを使用する回避策を案内した。

今回のアップデートに関するオフラインスキャンファイル「Wsusscn2.cab」の提供は1月となる予定。セキュリティ更新を適用するには、12月の同ファイルをダウンロードし、「Microsoft Updateカタログ」から手動でダウンロードした更新プログラムを展開する必要がある。

また今回のセキュリティ更新プログラム用の「Windows 10 Delta」パッケージは用意しておらず、2019年1月にフルパッケージを使用する必要があるとしている。

(Security NEXT - 2018/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「SpamAssassin」に脆弱性 - 悪意ある設定ファイルでコード実行のおそれ