Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開

セキュリティの知識や技術を競うCTF大会「SECCON 2018」の決勝大会が12月22日、23日に開催される。SECCON実行委員会は、両日に実施されるカンファレンスなどのプログラムを公開し、一般参加の事前登録を受け付けている。

同イベントは、セキュリティに関する知識や技術を競う国内最大級のコンテスト。2012年より毎年開催しており、今回で7回目を迎えた。10月27日から28日にかけてオンライン予選を実施。予選上位チームや招待枠のチームなどが決勝大会で競う。

決勝大会が行われる両日は、同じ会場内でワークショップやカンファレンスを開催しており、一般参加も可能となっている。

会場は、AKIBA SQUARE 秋葉原コンベンションホール。参加費は無料だが、事前登録が必要。プログラムの詳細や事前登録は、SECCONのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2018/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山