Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス

アールワークスは、ウェブアプリケーションの脆弱性診断サービス「SECURE-AID Apps」を提供開始した。

同サービスは、Tenable Network Securityの脆弱性診断ツール「Tenable.io Web Application Scanning」を用いたウェブアプリケーションのSaaS型脆弱性診断サービス。スキャンの設定は同社が代行する。

診断後は、検出された脆弱性を4段階に分類。対処方法を解説する英語のレポートを提供。オプションで日本語による解説レポートも提供する。

1FQDNに対する1回あたりの料金は10万5840円。60日以内なら、無料で1回の再診断が行える。日本語の解説レポートは、1本あたり13万6080円。

(Security NEXT - 2018/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX