Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か

中東においてあらたな攻撃グループ「White Company」が確認された。証拠を隠ぺいするため複数の手法を用いていたほか、わざとセキュリティ対策製品に検知させ、現場を混乱させる陽動を行うという。

Cylanceが1年間わたるパキスタン空軍をターゲットとした攻撃活動「Operation Shaheen」を調査、分析結果を取りまとめたもの。攻撃者の特定を逃れるために証拠隠滅を繰り返していたことから、同社は攻撃グループを「White Company」と命名している。

パキスタン空軍については、核兵器を保有する同国の安全保障体制に大きく関係することはもちろん、同国の「National Centre for Cyber Security」の本拠地でもあることから、諜報活動を通じて同国の戦略、戦術などを得ることなども目的だった可能性がある。

同社では、同グループが利用するツールキットのコードから、同ツールの開発状況や変更状態を継続的に追跡。これまで攻撃者が特定されていなかったキャンペーンや、従来別のキャンペーンと思われていたものが、同グループと関連していることを突き止めたとしている。

(Security NEXT - 2018/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
8月修正のIE脆弱性、韓企業狙う標的型攻撃で悪用
2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも