Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS

キヤノンITソリューションズは、同社データセンター利用者向けに不正侵入対策のマネージドサービスを提供開始した。

今回開始した「IDS/IPSサービス」は、同社のクラウドサービスやホスティングサービスの利用者を対象としたマネージドサービス。ネットワークを監視し、不正侵入の検知や防御、利用者への通知を行う。

月次レポートを提供し、月額料金は3万4776円。別途初期費用が必要で、IDSのみの場合、IPSを併用する場合で異なる。またHTTPS通信に関してもオプションで対応する。

(Security NEXT - 2018/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
ラックとMIND、「マネージドEDRサービス」の提供で協業
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン