Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT

NTTアドバンステクノロジは、セキュリティ資格「CISSP」の保有者の拡大に向けて、International Information System Security Certification Consortiumと戦略的パートナーシップ協定を締結した。

CISSP(Certified Information Systems Security Professional)は、(ISC)2が認定を行っているセキュリティ専門家向けの資格。NTTグループにおける同資格保有者の増員を図るため、(ISC)2と提携したもので、育成プログラムをグループ内へ展開していく。

具体的には、グループ各社向けのCISSP受験対策セミナーや、認定試験用の受験チケット、合格に向けた学習サポート、日本語教材の開発、資格維持のためのセミナーなどを提供。同社内における保有者の拡大なども進める。

(Security NEXT - 2018/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
若年層の発想力や研究開発力を育成する「SecHack365」が受講生募集を開始
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」