Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT

NTTアドバンステクノロジは、セキュリティ資格「CISSP」の保有者の拡大に向けて、International Information System Security Certification Consortiumと戦略的パートナーシップ協定を締結した。

CISSP(Certified Information Systems Security Professional)は、(ISC)2が認定を行っているセキュリティ専門家向けの資格。NTTグループにおける同資格保有者の増員を図るため、(ISC)2と提携したもので、育成プログラムをグループ内へ展開していく。

具体的には、グループ各社向けのCISSP受験対策セミナーや、認定試験用の受験チケット、合格に向けた学習サポート、日本語教材の開発、資格維持のためのセミナーなどを提供。同社内における保有者の拡大なども進める。

(Security NEXT - 2018/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
委託先でメール送信ミス、講座受講予定者のメアド流出 - 香川県
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出