Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性

オープンソースで提供されている認証サーバ「OpenAM」に「秘密の質問」が書き換えられ、パスワードを変更されるおそれがある脆弱性が含まれていることが明らかとなった。脆弱性を修正するアップデートが提供されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同13.0」のユーザー向けセルフサービス機能において、セッション管理の脆弱性「CVE-2018-0696」が含まれていることが明らかとなったもの。

同製品へログインできるユーザーが脆弱性を悪用することで、「秘密の質問(Security Questions)」を不正に書き換え、パスワードを変更することが可能になるという。

同脆弱性は、オープンソース・ソリューション・テクノロジの岩片靖氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

OpenAMコンソーシアムより、脆弱性を修正するアップデートが提供されているほか、緩和策として「秘密の質問」を利用したパスワードリセットの無効化が案内されている。

(Security NEXT - 2018/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を