Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂

ドラッグストアチェーンを展開するキリン堂は、顧客の個人情報が記載された書類が所在不明になっていることを明らかにした。郵便局員が集荷し、郵便局で配送受付をするまでの間に紛失した可能性が高いという。

同社によれば、キリン堂守山水保店において顧客から預かったポイントカード会員登録用紙47件が所在不明になっているもの。問題の書類には、顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日、性別などが記載されていた。

7月16日、集荷のため店舗を訪れた郵便局員に、6月18日から7月15日までのポイントカード会員登録用紙を封入したレターパックプラスを手渡したが、その後送付先から郵便物が届いていないと連絡があり、紛失が発覚した。郵便局では対象となる郵便物について局内での受付登録が行われていなかったという。

対象となる顧客を特定できないため、紛失した会員登録用紙に対応するカードを持っている顧客に対し、店頭で謝罪と注意喚起を行う。また、個人情報保護委員会への報告を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
不正アクセス受けた「宅ふぁいる便」が終了
「SODプライム」不具合、最大6万8898人に影響 - 最大5000円の補償方針
委託先従業員がシステムを不正閲覧、個人情報を漏洩 - 神戸市
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
顧客情報が金庫ごと盗難 - お好み焼き専門店
アポ取得の委託先が顧客情報を誤って他社へ報告 - 宮崎のCATV局
耐熱ガラス製品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報やPWが流出か
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」