Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

決裁文書を紛失、決裁はすでに完了 - 国土地理院

国土地理院は、個人情報が記載された決裁文書の紛失を公表した。

同省によれば、地方公共団体などの測量計画機関から北海道地方測量部へ提出された測量実施計画書などの決裁文書について、6月6日に1件、同月14日に3件を紛失していることが判明したもの。決裁はすでに完了しているという。

問題の決裁文書には、測量計画機関の代表者と担当者の氏名、所属のほか、測量計画機関から受注した測量業者の代表者氏名、技術者の氏名と測量士登録番号などが記載されていた。

同省では対象となる関係者に事情を説明し、謝罪した。今回紛失した決裁文書は机上で管理していたことから、今後は施錠管理を行い、再発を防止したいとしている。

(Security NEXT - 2018/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院