Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Movable Type」旧版、ライブラリに起因するXSS脆弱性 - 2016年に修正済み

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Movable Type」の旧バージョンにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることがわかった。2016年に実施したアップデートで修正済みだという。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同6.2.4」および以前のバージョンにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2018-0672」が含まれていることが判明したもの。ウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行されるおそれがある。

脆弱性について指摘を受けたシックス・アパートは、同脆弱性がPHP向けのデータベース抽象化ライブラリ「ADOdb」に発見されたXSSの脆弱性「CVE-2016-4855」に起因するものと説明。2016年9月にリリースした「Movable Type 6.3.1」で対応済みとしている。

また脆弱性が含まれる「同6.2.4」より以前のバージョンに関しては、同ライブラリを含むディレクトリを削除することにより脆弱性を緩和できるとしている。

(Security NEXT - 2018/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
「Azure AD」に脆弱性 - 更新適用済みだが、利用者側で修正が必要となる場合も
MS、定例外で「Windows 10 Update Assistant」の脆弱性を修正