Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品

Cylance Japanは、「CylancePROTECT」をクラウドへ接続できない環境向けにオプション製品「CylanceHYBRID」「CylanceON-PREM」を提供開始した。

「CylanceHYBRID」は、「CylancePROTECT」のアップデートにおける専用のプロキシとして動作する製品。端末より直接インターネットへ接続できず、メインテナンス用の特定端末のみ許可されている環境などで活用できる。

また外部ネットワークへ一切接続できない環境向けに「CylanceON-PREM」を用意した。シンプルな管理機能を提供するアプライアンスで、同製品よりクローズド環境の「CylancePROTECT」についてアップデートやポリシーの設定など行うことができる。

いずれもVMware向けのバーチャルアプライアンスとして提供し、1万アカウントまで管理することが可能。「CylanceHYBRID」は、「CylancePROTECT」のユーザーであれば無償で使用することが可能。「CylanceON-PREM」はオープンプライス。

(Security NEXT - 2018/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足