Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品

Cylance Japanは、「CylancePROTECT」をクラウドへ接続できない環境向けにオプション製品「CylanceHYBRID」「CylanceON-PREM」を提供開始した。

「CylanceHYBRID」は、「CylancePROTECT」のアップデートにおける専用のプロキシとして動作する製品。端末より直接インターネットへ接続できず、メインテナンス用の特定端末のみ許可されている環境などで活用できる。

また外部ネットワークへ一切接続できない環境向けに「CylanceON-PREM」を用意した。シンプルな管理機能を提供するアプライアンスで、同製品よりクローズド環境の「CylancePROTECT」についてアップデートやポリシーの設定など行うことができる。

いずれもVMware向けのバーチャルアプライアンスとして提供し、1万アカウントまで管理することが可能。「CylanceHYBRID」は、「CylancePROTECT」のユーザーであれば無償で使用することが可能。「CylanceON-PREM」はオープンプライス。

(Security NEXT - 2018/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア