Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町

愛知県東浦町は、町議会の議案をウェブサイトで公開した際、個人情報が閲覧できる状態で公開していたことを明らかにした。

同町によれば、3月2日に同町サイトで公開した町議会議案のPDFファイルについて、2人の氏名と住所が閲覧可能な状態だったもの。6月1日、職員がサイトの閲覧中に気付き、問題のファイルを削除した。

同町では2012年以降、議案に個人情報が含まれる場合、個人を特定できないよう氏名や住所を加工したうえでサイトに掲載しているが、加工前のファイルを誤って公開してしまったという。

期間中公開ページには、129件のアクセスがあったが、ファイルに対するアクセス件数は不明だという。同町では、個人情報が掲載されていた2人に謝罪を行った。

(Security NEXT - 2018/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
原子力規制委への不正アクセス、VPNの既知脆弱性が起点に
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県
入札情報サービスで個人情報を誤掲載 - 新潟県
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県