Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町

愛知県東浦町は、町議会の議案をウェブサイトで公開した際、個人情報が閲覧できる状態で公開していたことを明らかにした。

同町によれば、3月2日に同町サイトで公開した町議会議案のPDFファイルについて、2人の氏名と住所が閲覧可能な状態だったもの。6月1日、職員がサイトの閲覧中に気付き、問題のファイルを削除した。

同町では2012年以降、議案に個人情報が含まれる場合、個人を特定できないよう氏名や住所を加工したうえでサイトに掲載しているが、加工前のファイルを誤って公開してしまったという。

期間中公開ページには、129件のアクセスがあったが、ファイルに対するアクセス件数は不明だという。同町では、個人情報が掲載されていた2人に謝罪を行った。

(Security NEXT - 2018/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
海外ゲームメーカーでランサム被害 - 人気タイトルのソースコード流出か
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
非公開情報をメールに添付して誤送信 - 総務省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県