Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定

通信販売サイト「セシールオンラインショップ」が本人以外の第三者により、ログインの試行が行われた問題で、同サイトを運営するディノス・セシールは、対象顧客のIDが攻撃リストと一致した理由について調査結果を明らかにするとともに、同社経由の情報漏洩について否定した。

20180608_dc_001.jpg
不正なログイン試行が行われた「セシールオンラインショップ」

今回の不正アクセスは、6月2日10時19分ごろから同日18時前にかけて、中国のIPアドレスを発信元とし、1938件のログインの試行が行われたもの。

このうち490件のアカウントではログインされる被害が発生した。

今回の攻撃では、不正なログインの試行に用いられた1938件のメールアドレスすべてが、登録されている顧客IDと一致。同社は、情報流出の可能性が高いとして調査を進めていたが、同社経由の流出ではなく、攻撃リストから同社顧客と一致しないデータをふるい落とす「スクリーニング処理」が行われたリストが用いられたとの調査結果を明らかにした。

同社によれば、攻撃者は既存登録者のメールアドレスを重複して登録できない「新規登録」の機能を悪用していたという。同機能ですでに顧客登録済みのメールアドレスであるか事前に確認。選別したリストを用いてログインを試行したと見られる。

(Security NEXT - 2018/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「マイナビ転職」にPWリスト攻撃 - 履歴書21万人分に不正ログイン
LINEにPWリスト攻撃 - 2段階認証未適用の問合フォームが標的に
PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
東電会員サイトにPWリスト攻撃 - 新規会員登録の機能を悪用か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
川崎市で野球場予約に大量の申込 - 同一IPアドレスから1日に約2万件
「mijicaカード」不正送金、被害者のいずれも不正ログイン被害か
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移