Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院

聖マリアンナ医科大学東横病院のウェブサイトが改ざんされ、閲覧すると外部サイトへ誘導されるおそれがあったことがわかった。カルテ情報の流出については否定している。

同院によれば、ウェブサイトが不正アクセスを受けて改ざんされ、閲覧すると外部のサイトへ誘導される可能性があったもの。

同院では5月7日午後に問題のサーバを停止。セキュリティを強化したサーバを再構築し、9日にサイトを再開したという。今回の不正アクセスについて、患者のカルテ情報についてはウェブサイトとは分離して管理しているとし、流出については否定している。

一方、改ざんされていた期間や原因、誘導された際に受ける影響、電子カルテ以外の情報流出などについては明らかにしておらず、取材に対して一切回答できないとしてコメントを避けた。

(Security NEXT - 2018/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
富士フイルム、「ランサムウェア」感染と断定 - 身代金要求には応じず