Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院

聖マリアンナ医科大学東横病院のウェブサイトが改ざんされ、閲覧すると外部サイトへ誘導されるおそれがあったことがわかった。カルテ情報の流出については否定している。

同院によれば、ウェブサイトが不正アクセスを受けて改ざんされ、閲覧すると外部のサイトへ誘導される可能性があったもの。

同院では5月7日午後に問題のサーバを停止。セキュリティを強化したサーバを再構築し、9日にサイトを再開したという。今回の不正アクセスについて、患者のカルテ情報についてはウェブサイトとは分離して管理しているとし、流出については否定している。

一方、改ざんされていた期間や原因、誘導された際に受ける影響、電子カルテ以外の情報流出などについては明らかにしておらず、取材に対して一切回答できないとしてコメントを避けた。

(Security NEXT - 2018/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
スニーカーフリマアプリで個人情報275万件が流出か
電子書籍ストアに不正ログイン - 外部でPWなど入手か