Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院

聖マリアンナ医科大学東横病院のウェブサイトが改ざんされ、閲覧すると外部サイトへ誘導されるおそれがあったことがわかった。カルテ情報の流出については否定している。

同院によれば、ウェブサイトが不正アクセスを受けて改ざんされ、閲覧すると外部のサイトへ誘導される可能性があったもの。

同院では5月7日午後に問題のサーバを停止。セキュリティを強化したサーバを再構築し、9日にサイトを再開したという。今回の不正アクセスについて、患者のカルテ情報についてはウェブサイトとは分離して管理しているとし、流出については否定している。

一方、改ざんされていた期間や原因、誘導された際に受ける影響、電子カルテ以外の情報流出などについては明らかにしておらず、取材に対して一切回答できないとしてコメントを避けた。

(Security NEXT - 2018/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
不正アクセスで虎の門病院サイトが閲覧不能に - 電子カルテに影響なし
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性