Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構

日本がん治療認定医機構は、委託先が運営するシステムが不正アクセスを受け、システムに登録しているがん認定医のメールアドレスとパスワードが流出した可能性があることを明らかにした。

20180404_nn_001.jpg
日本がん治療認定医機構のウェブサイト

同機構によれば、がん治療認定医の「変更届システム」と「認定医名簿」に対し、複数回にわたる不正アクセスを確認したもの。

2月22日に認定医の所属先から情報流出の可能性について指摘があり、問題が判明した。

調査を行ったところ、システムの脆弱性を突く不正アクセスの痕跡がログに残存。詳細については調査中としているが、「SQLインジェクション」によるものと見られている。

今回の不正アクセスにより、2007年10月10日から2018年2月22日にかけて、同システムに情報を登録または変更した認定医最大2万1563人のメールアドレスとパスワードが外部に流出した可能性がある。そのほかの個人情報について流出は確認されておらず、サーバ内に個人情報以外の機密情報も保存されていなかったとしている。

同機構では、不正アクセスを受けたシステムを閉鎖。登録されたパスワードを消去した。情報流出の可能性がある関係者には、個別にメールで連絡するとしている。

(Security NEXT - 2018/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工