Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

投資家が懸念するリスクのトップは「サイバー脅威」 - PwC調査

グローバルでは投資家やアナリストが、「サイバー脅威」をもっとも重大なビジネスリスクとして捉えていることがわかった。

同調査は、PwCが投資家やアナリストなどグローバルにおける投資の専門家660人に対して意識調査を実施し、結果を取りまとめたもの。同調査によれば、「非常に懸念している」との回答がもっとも多かったリスクは「サイバー脅威」で、回答者の41%が懸念を示した。

前回2017年の調査で「サイバー脅威」は5番目だったが、今回の調査で17ポイント増となり、もっとも重視する声が多かった。「地政学的な不確実性(39%)」「技術変化のスピード(37%)」、「ポピュリズム(33%)」「保護主義(32%)」などを上回る数字だ。

さらに投資家の64%は、企業が顧客との信頼関係を改善するため、セキュリティ関連の投資について優先度を高めるべきと回答。同社ではCEOに対して同様の調査を実施しているが、セキュリティ投資に高い優先度が必要と考えるCEOは47%にとどまっており、意識のギャップが見られたという。

20180327_pw_001.jpg
投資家とCEOが重視するリスク(図:PwC)

(Security NEXT - 2018/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超