Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部大でランサムウェア被害 - 不正ログイン後にインストールか

中部大学において、パソコンやファイルサーバがランサムウェアに感染する被害が発生したことがわかった。

同大によれば、1月9日2時半ごろ、同大工学部情報工学科研究室のパソコンとファイルサーバが、不正にログインされ、セキュリティ対策ソフトがアンインストールされ、ランサムウェアがインストールされたという。同日14時ごろに問題を把握し、対象機器をネットワークから遮断した。

被害に遭った端末では、ランサムウェアによるデータの暗号化被害が発生。内部には受講者名簿と行事参加者名簿などの個人情報が保存されていた。

同大では、外部のセキュリティ事業者に調査を依頼。原因や端末内のファイルや内容について調査を進めている。現時点では、暗号化以外、個人情報の流出といった被害は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2018/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧
サーバがランサム感染、個人情報流出の可能性 - 豊島
サーバがランサム被害、請求書発行などが停止 - 宮崎電子機器
UTM設置時のテストアカウントが未削除、ランサム感染の原因に
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
個情委、人事労務サービスのMKシステムに行政指導 - 報告は3000件超
ランサム被害で情報流出のおそれ、調査を継続 - フュートレック