Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部大でランサムウェア被害 - 不正ログイン後にインストールか

中部大学において、パソコンやファイルサーバがランサムウェアに感染する被害が発生したことがわかった。

同大によれば、1月9日2時半ごろ、同大工学部情報工学科研究室のパソコンとファイルサーバが、不正にログインされ、セキュリティ対策ソフトがアンインストールされ、ランサムウェアがインストールされたという。同日14時ごろに問題を把握し、対象機器をネットワークから遮断した。

被害に遭った端末では、ランサムウェアによるデータの暗号化被害が発生。内部には受講者名簿と行事参加者名簿などの個人情報が保存されていた。

同大では、外部のセキュリティ事業者に調査を依頼。原因や端末内のファイルや内容について調査を進めている。現時点では、暗号化以外、個人情報の流出といった被害は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2018/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社
川崎汽船の海外子会社に不正アクセスか - 闇サイトにデータ
日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし
富士フイルム、情報流出なし - 業務や流通も通常どおりに
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
不正アクセスでサーバがランサム被害 - イトーヨーギョー