Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産総研のシステムに不正アクセス - 情報漏洩の可能性も含め調査

産業技術総合研究所のシステムが不正アクセスを受けていたことがわかった。同研究所ではインターネット接続を遮断し、情報漏洩の可能性も含めて調査を行っている。

同研究所によれば、業務システムに対する不正アクセスを2月6日に確認したもので、知的財産や個人情報の漏洩の可能性も含めて影響の範囲や原因などの調査を進めている。また関係省庁に報告するとともに警察へ相談している。

今回の問題を受け、同研究所では不正アクセスを確認したシステムについては同月6日より外部からのアクセスを遮断。翌7日に重大なセキュリティインシデントであると判断した。

翌8日から9日にかけて、同システムに関する全職員のパスワードを強制的に変更し、メールとスケジュール以外の機能を停止。さらに同月13日より内部からのインターネット接続についても遮断している。今後、インターネットの遮断は継続しつつも、安全を確認できた業務システムより順次再開する方針だという。

同研究所では、影響範囲の調査など原因究明を優先しており、全業務システムの点検を進めている状況で業務に支障が生じていると説明。関係者へ謝罪するとともに理解を求めている。

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃