Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告、2カ月連続で減少 - 800件台に

1月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は878件だった。2カ月連続の減少となったが、2017年前半と比較すると依然として高い水準を維持している。

20180202_ap_001.jpg
フィッシングの報告件数(グラフ:フィ対協)

同協議会によると、1月に寄せられたフィッシングに関する報告は878件。前月の1165件から287件減少した。

2017年は4月に304件まで縮小したが、その後は5カ月連続で増加。8月から12月までは1000件前後の高い水準で推移した。

年明けの1月は1000件の大台を割り込んだものの、2017年前半と比較すると依然として報告数は多く、予断を許さない状況となっている。

フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLの件数は537件。前月の565件を28件下回った。2017年9月の1212件から4カ月連続で減少している。一方、悪用されたブランド件数は25件で、前月から1件増加した。

同協議会によれば、1月もこれまでの傾向を引き継いで、「Apple」や「LINE」をかたるフィッシングの報告が多数寄せられたという。また、クレジットカードの利用者を狙ったフィッシングも複数発生したほか、仮想通貨に関するブログにフィッシングサイトのURLが掲載されたという事例も確認されている。

(Security NEXT - 2018/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割