Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DHCPにサービス拒否に陥るおそれ - 将来のメンテナンス更新で修正予定

Internet Systems Consortium(ISC)が提供する「DHCP」にサービス拒否に陥るおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

OMAPI接続のクリーンアップ処理において、サービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2017-3144」が含まれているもの。リモートより攻撃が可能で、重要度は「中(Medium)」。悪用は確認されていない。

Internet Systems Consortium(ISC)では、同脆弱性に特化したパッチは用意せず、今後のメインテナンスリリースで修正する予定。緩和策として許可すべきユーザー以外からのOMAPI制御ポートに対するアクセスをブロックすることを挙げている。

(Security NEXT - 2018/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み