Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DHCPにサービス拒否に陥るおそれ - 将来のメンテナンス更新で修正予定

Internet Systems Consortium(ISC)が提供する「DHCP」にサービス拒否に陥るおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

OMAPI接続のクリーンアップ処理において、サービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2017-3144」が含まれているもの。リモートより攻撃が可能で、重要度は「中(Medium)」。悪用は確認されていない。

Internet Systems Consortium(ISC)では、同脆弱性に特化したパッチは用意せず、今後のメインテナンスリリースで修正する予定。緩和策として許可すべきユーザー以外からのOMAPI制御ポートに対するアクセスをブロックすることを挙げている。

(Security NEXT - 2018/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - 11月3日に定例外アップデートを公開予定
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正