Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 57」がリリース - 15件の脆弱性を修正

Mozilla Foundationは、複数の脆弱性を修正した「Firefox 57」「Firefox ESR 52.5」をリリースした。

「Firefox 57」では、解放後メモリへのアクセス「CVE-2017-7828」のほか、メモリ破壊が生じる脆弱性「CVE-2017-7826」「CVE-2017-7827」など、重要度「クリティカル(Critical)」の脆弱性3件に対処した。

次に重要とされる「高(High)」にレーティングされた脆弱性は、情報漏洩が生じる「CVE-2017-7830」のみ。そのほか、「中(Moderate)」の脆弱性7件や「低(Low)」の脆弱性4件を修正している。

また延長サポートを提供している「Firefox ESR 52.5」では、「Firefox 57」で修正された「CVE-2017-7828」「CVE-2017-7826」「CVE-2017-7830」に対応した。

(Security NEXT - 2017/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開