Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起

セディナが提供するOMCカードの会員を狙ったフィッシング攻撃が確認された。登録確認を装い、クレジットカードをはじめ、個人情報を詐取しようとするという。

20170925_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、今回確認されたフィッシング攻撃は、登録確認のメールを装い、同カードの会員向けサイト「OMC Plus」の偽サイトへ誘導する手口。

フィッシングメールの本文では、第三者によるアクセスを確認したなどと説明。

登録IDを自動採番したものへ暫定的に変更したなどと不安を煽り、誘導していた。

同ページでは、クレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードのほか、氏名、生年月日、電話番号、メールアドレス、ログインIDやパスワードなどの情報をだまし取る。

(Security NEXT - 2017/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA