Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求

誘導先のフィッシングサイトは、「Amazon.co.jp」を偽装するも、英文ベースで記載されていた。

サインインの偽画面でアカウント情報を詐取した上に、遷移先の画面で氏名や住所、電話番号、セキュリティコードを含むクレジットカード情報などを入力するよう促していた。

同協議会では、9月22日の時点でフィッシングサイトの稼働を確認しており、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。今後類似した攻撃が発生する可能性もあるとして、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
今春に詐欺SMS対策機能を追加、機械学習による判別も - ソフトバンク
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意
不正購入などと不安煽る「LINE Pay」のフィッシング - メディア記事の無断転載も
「利用環境の確認」などと騙すフィッシング攻撃に注意
フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
11月はEC関連フィッシングサイトが前月比1.5倍に
決済サービス「Paidy」を装うフィッシング攻撃に注意